お金をかけず自分だけのうちわを製作

自分で作る楽しさ

オリジナルうちわを商売などで配布するのであれば、大量に作成しなければならないので、業者に依頼しなければなりませんが、大切な家族などにプレゼントしたり、手紙代わりに送ったりするのであれば、手作りをお勧めします。例えば、孫が遠くに住んでいるおじいちゃんとおばあちゃんにうちわ手紙を送るとしましょう。どの家庭にも、街頭で配布されているプラスティックの骨組みのうちわが何本かはあると思います。よくあるサイズであれば、紙の部分はA4サイズに収まる大きさになっているはずです。
パソコンを使って年賀状を作る感覚でうちわのデザインをします。うちわサイズがわかりにくければ、既製品のうちわをスキャンしてそれを目安に年賀状で言うところの文面を作っていきます。孫の写真や孫が書いた絵などのデータを用意しておくと作業がスムーズに進むと思います。実際に郵送するのであれば、片面は、宛名を書けるように作りましょう。
定形外郵便の規格内サイズで50g以内であれば120円で送れるはずです。使う用紙は、普通の紙でもいいし、シールラベルでもいいです。写真などをきれいに見せたければ、光沢紙を使うのもいいですね。和紙風の用紙もありますし、いろいろ楽しんでください。デザインができれば、印刷して、カットして貼り付ける(貼り付けてカットする)だけです。素敵なオリジナルうちわを作ってくださいね。

リーズナブルなうちわ製作

暑い日本の夏を少しでも涼しくするための冷房器具としてエアコンや扇風機といったものがありますが、日本で一番古くから使われている涼しさを感じるための物といえばやはりうちわです。夏といえばうちわと言っていいほど、日本では古くから親しまれています。そんなうちわですが、よくお祭りやイベントの宣伝として配られているのを見ます。
そういった物をオリジナルうちわと言うのですが、オリジナルうちわと言うのは実は個人でも作れると言うのをご存知でしょうか。実はオリジナルうちわと言うのは、インターネットからでも気軽に発注することができるのです。もちろんオリジナルうちわを発注するときには自分でうちわのデザインを行うことができますし、好きな文字やイラストを入れることもできます。
よって、何かのイベントやスポーツの試合などの応援でうちわを使いたい場合や、何かしらの宣伝を行うためにうちわを必要としている場合には、だれでも気軽にオリジナルうちわを作ることができるのです。料金も一枚数十円からのものがほとんどなので、とてもリーズナブルです。オリジナルうちわに興味のある方は、一度インターネットのサイトを覗いてみると良いと思います。

カテゴリ

カレンダー

2019年5月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新記事情報

2017年08月23日
夏を楽しむ小物作りを更新。
2017年08月23日
役立つうちわ製作情報を更新。
2017年08月23日
お金をかけず自分だけのうちわを製作を更新。
2017年08月23日
最近のうちわ作りを紹介を更新。