サーバー登録

まずはアカウント登録を行います。

下記のボタンからConoHa WINGの申し込みフォームへアクセスしてください。

ConoHa WINGのTOPページが開くので、画面右上の「お申し込み」ボタン、または画面中央の「今すぐアカウント登録」ボタンをクリックしてください。

お申し込みフォームが開くので次のとおりに入力します。

  1. メールアドレス:ログイン用のメールアドレス
  2. メールアドレス:確認用に再度入力
  3. パスワード:ログインパスワードを設定

メールアドレス、パスワードを設定したら、画面下の「次へ」をクリック。

プラン選択を行う

続いてプラン選択を行います。以下の画像のように設定しましょう。

  1. プラン選択:WINGパック / 通常料金のどちらかを選択
  2. 契約期間:3ヶ月〜36ヶ月から選択
  3. プラン:ベーシック / スタンダード / プレミアムから選択
  4. 初期ドメイン / サーバー名:初期状態またはお好みの文字列でOK

プランに関してはWINGパックがお得でおすすめです。

契約期間は割引率が大きくなる12ヶ月契約以上を選択するとコスパが良いです。

プランは「ベーシック」で問題ないでしょう。

初期ドメイン・サーバー名は自分の好みの文字列、または初期状態のままでOKです。(初期ドメインはほとんど使いません。)

かんたんセットアップを行う

画面を下にスクロールして、「WordPressかんたんセットアップ」を行うための情報を入力します。

「WordPressかんたんセットアップ」とは、簡単な情報を入力するだけで申し込みと同時にWordPressのインストールなどすべての手続きを一括でできる機能。従来のサーバーとドメインの紐付けなど難しい手順を省け、初心者でもすぐにWordPressが始められる

以下の画像のように入力していきましょう。

  1. WordPressかんたんセットアップ:「利用する」にチェック
  2. セットアップ方法:新規の場合は「新規インストール」にチェック
  3. 独自ドメイン設定(左側):お好みの文字列を入力(WebサイトのURLになります。)
  4. 独自ドメイン設定(右側):お好みのドメインをドロップダウンリストより選択(WebサイトのURLになります。)
  5. 作成サイト名:自分のブログの名前を入力(後で変更可能)
  6. WordPressユーザー名:WordPressの管理画面にログインする際のユーザー名を入力。
    WordPressパスワード:WordPressの管理画面にログインする際のパスワードを入力。

独自ドメインは、作成するブログのURLになります。

ドメインは早い者勝ちなので、すでに使っている人がいる場合は取得できません。

取得済みかどうかかは、右横にある検索ボタンをクリックすることで確認できます。

すでに使っている人がいる場合は上記のように「このドメインは取得できません」と表示されます。

また、後から変更するとさまざまなデメリットあるので、よく考えてから決めましょう。

「.com」がユーザーからの信頼性は高いと思われます。

「作成サイト名」は、あなたのブログの名前です。

ブログ名は後から変更できるので、この段階では仮のものでも構いません。

WordPressユーザー名とWordPressパスワードは、WordPress管理画面にログインする際に必要となります。

セキュリティ対策のため、他人に推測されにくい複雑なパスワードを設定しておきましょう。

さらに下にスクロールすると、下記のような画面が出てきます。

  1. WordPressテーマ:お好みのWordPressテーマがあればチェックを入れる
  2. 「次へ」ボタンをクリックして先に進む

お好みのWordPressテーマがあれば、チェックしましょう。

今回は、有料テーマ「THE THOR」を流用できますので、なにも選択しないでください。

ここまで完了したら、画面右にある「次へ」ボタンをクリックしてください。

お客様情報を入力する

続いてお客様情報を入力していきます。

  1. 種別:個人ブログの場合は「個人」を選択
  2. 氏名:姓・名を入力
  3. 生年月日:生年月日を入力
  4. 国:国を選択
  5. 郵便番号:郵便番号を入力
  6. 都道府県:住所の都道府県を入力
  7. 市・区:住所の市・区までを入力
  8. 町村番号:以降の住所を入力
  9. 建物名:アパート・マンション等の場合は建物名を入力
  10. 電話番号:電話番号を入力

画面に従って入力を進めていきましょう。

「次へ」をクリックするとSMS認証に移行します。

スマートフォンの電話番号を入力したら「SMS送信」ボタンをクリック(電話での音声認証も選択可能)。

SMSで「認証コード」が送られてきますので、以下の画面の「認証コード」の部分に入力し、「送信」ボタンをクリックします。

これでSMS認証が完了です。

あとは支払い方法を入力するだけでWordPressのインストールが完了します。

お支払い方法を入力する

ConoHa WINGは月額×契約月数の前払い形式です。

支払いにはクレジットカード、ConoHaチャージの2種類が利用できます。

クレジットカード払いの場合

クレジットカード払いの場合は以下の画面が表示されるので、各種情報を入力しましょう。

  1. お支払い方法:クレジットカード/ConoHaチャージを選択後、クレジットカードを選択
  2. 名義:ローマ字で入力
  3. カード番号:12桁のカード番号(ハイフンは不要)を入力
  4. 有効期限:有効期限を入力
  5. セキュリティコード:3桁のセキュリティコード(裏面などに記載されているはず)を入力

クレジットカードは「VISA / MasterCard / JCB / American Express / Diners Club」などの各種ブランドが利用できます。

ここまでの入力が終わったら、「お申し込み」ボタンをクリックしてください。

ConoHaチャージの場合

ConoHaチャージは事前に利用分をチャージしておくことで、クレジットカードがなくても決済できる支払い方法です。

ConoHaチャージへの入金には以下の5種類の支払い方法が利用できます。

  1. クレジットカード
  2. PayPal
  3. Amazon Pay
  4. コンビニ払い
  5. 銀行決済(ペイジー)
  6. Alipay

ConoHaチャージでの支払い画面は次のようになります。

利用したいチャージ方法を選択したら、チャージ金額を入力し「お申し込み」をクリックして支払いができます。

これで「ConoHa WINGパック」の契約と「Wordpress簡単インストール」の設定は完了です。

この画面で出ているパスワードは、ログインの時に使うパスワードでは無いので注意してください

ログイン時に使うパスワードは、先ほど自分で決めたパスワードです。

「DBユーザー名」「DBパスワード」を使う機会はほぼ無いのですが、念のためメモしておきましょう。

「サイトが表示可能になるまで少しだけ時間がかかります」とありますが、数分待っていると、左下に以下のような表示が出てきます。

これでワードプレスのインストールは完了です。

独自SSLの設定

次に独自SSLの設定ですが、放置しておくと設定されます

独自SSLとは通信を暗号化する技術のことで、サイト訪問者の情報漏洩を守る上で必須の設定です。

大体先ほどの状態から30分〜1時間程度待つと独自SSLが反映されます。

もしも反映されたか心配な場合は(30分~2時間くらい)待ってから、マイメニューの「サイト管理」→「サイト設定」⇒「自分のURL」をクリックしてください。

この画像のように「SSL有効化」ボタンが押せるようになっているので、このボタンを押せばSSLの設定が完了となります。(押せない場合はまだ設定中のためお待ちください)

左下に「成功しました」ってポップアップが出れば完了です。

実際にブログとWordPress管理画面を開く

実際にブログと、WordPressの管理画面を開いてみましょう。

まずはConoHa WING(レンタルサーバー)の管理画面を開いてください。

1.サイト管理 → 2.サイト設定 → 3.アプリケーションインストール → 4.作成したサイトのURLを選択します。

5.この部分からサイトURL管理画面(ログイン)URLを確認することができます。

  • サイトURL:ブログのURL
  • 管理画面URL:WordPress管理画面のURL

実際にWordPressの管理画面にログインしてみましょう。

管理画面URL」をクリックしてログインページを開いてください。

これがWordPress管理画面のログインページです。

WordPressかんたんセットアップの際に入力したユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリック。

これでWordPressの管理画面にログインできました。

ログインが確認できましたら、

  • サイトURL
  • ユーザー名
  • パスワード

をご連絡ください。
サイト制作を始めさせていただきます。